×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイスタージャパンで戦国武将           

  
マイスタージャパンのフィギア専門

マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 伊達政宗 Aタイプ
価格: 2,500円 レビュー評価: レビュー数:
伊達政宗 1567年〜1636年 伊達輝宗の長男。幼名、梵天丸、長じて藤次郎。隻眼・果断の故をもって独眼竜と称される。 出羽の人。仙台藩祖。 畠山・蘆名氏を倒して奥州を制覇。のち、豊臣秀吉に仕えて朝鮮に出陣。 関ヶ原・大坂の陣には徳川方につき仙台藩の基礎を固めた。 キリシタンに関心をもち、支倉常長(はせくらつねなが)をローマに派遣。 幼時に右眼を失明し独眼竜と称された。 出羽米沢を根拠に勢力を拡大したが、豊臣秀吉に帰服、文禄の役に出兵した。関ヶ原の戦いでは徳川方。 戦後、仙台藩六二万石を領した。 和歌・茶道に通じ、桃山文化を仙台に移した。 辞世の句 「曇りなき心の月を 先だてて 浮世の闇を照
マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 武田信玄 Aタイプ
価格: 2,500円 レビュー評価:4.0 レビュー数:1
武田信玄 1521年〜1573年 戦国時代の武将。名は晴信。信玄は法名。父、信虎を追放して家督を継ぎ、信濃に進出。 越後の上杉謙信と川中島で激戦を展開した。 1572年、西上の途次、三方ヶ原で徳川家康を破ったが、翌年三河の陣中で病没。 父信虎を廃して甲斐(かい)の守護となり、信濃一円を制し、上杉謙信と対立、数度に及び川中島で合戦。 のち、京都進出を企てて三方ヶ原で徳川家康を破り、三河に入ったが、陣中で病死。 軍略家としてすぐれ、「信玄家法」を制定、鉱山開発・治水にも業績をあげた。 信玄堤の名で知られる治水工事など、領国経営にも尽くした。 武田信玄が用いた軍旗に記された「孫子」の句 「疾如風 
マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 石田三成 Aタイプ
価格: 1,650円 レビュー評価: レビュー数:
戦国武将 石田三成のフィギュアです。
隅々までこだわった上質なフィギュアです。
省スペースでアクセントのある飾りに最適です!

石田三成 1560年〜1600年
関ヶ原西軍の実質的総大将。
天正2年(1574年)頃から秀吉の小姓として仕える。
本能寺で信長が討たれ、次の天下人として秀吉が台頭すると、
三成も秀吉の側近として台頭していく。
秀吉配下時は内政のエキスパートとして功績を挙げていく。
1598年秀吉が死去、次の天下人を狙う家康が台頭をあらわし始め、
1600年三成は家康を排除しようと上杉・直江と挙
マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本多忠勝 Aタイプ
価格: 2,500円 レビュー評価: レビュー数:
本多忠勝 1548年〜1610年 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。徳川氏の家臣。 上総大多喜藩初代藩主、伊勢桑名藩初代藩主。忠勝系本多家宗家初代。 松平氏の三河譜代家臣・本多氏の一族で、本多忠高の長男として天文17年、三河国蔵前(現在の愛知県岡崎市)で生まれる。 幼い頃から徳川家康に仕え、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いの前哨戦である大高城兵糧入れで初陣する。このとき、同時に元服した。 元亀元年(1570年)の姉川の戦いにも参加し、元亀3年(1572年)の三方ヶ原の戦いの前哨戦たる一言坂の戦いで殿軍を努め、 武田方の小杉左近から「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに
金剛力士(仁王像) 阿形・吽形2体セット+名札付
価格: 5,000円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
???仁王像、阿形・吽形2体が古木調の超リアルな造型で登場。 今までこの値段で、この出来栄えのものがなかったので、びっくりしています。
インテリアとして飾ってもかっこよく、ちょっとうれしいです。
マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 明智光秀 Aタイプ
価格: 2,500円 レビュー評価: レビュー数:
明智光秀 1528年?〜1582年 戦国時代、安土桃山時代の武将。通称は十兵衛。 清和源氏の土岐氏の支流明智氏に生まれ、父は明智光綱といわれる。幼名は桃丸。 永禄12年頃から木下秀吉らと共に織田氏支配下の京都近辺の政務にあたったとされる。 義昭と信長が対立し始めると、義昭と袂を分かち信長の直臣となる。 数々の戦功をあげ元亀3年頃に近江国滋賀郡を与えられ、坂本城を築城してこれを居城とした。 天正3年には惟任の姓、日向守の官職を与えられ、惟任日向守と称す。 石山本願寺や信長に背いた荒木村重、松永久秀を攻めるなど 近畿の各地で転戦しつつ丹波国の攻略を担当し天正7年までにこれを平定。 丹波一国を与え
マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 豊臣秀吉 Aタイプ
価格: 2,500円 レビュー評価: レビュー数:
豊臣秀吉 1536年〜1598年 安土桃山時代の武将。尾張中村の人。織田信長の足軽木下弥右衛門の子。幼名日吉丸。初名木下藤吉郎。 織田信長に仕え、戦功をたて、羽柴秀吉と名のり、軍功によって重用され、筑前守となる。 本能寺の変による信長の死後、明智光秀・柴田勝家を討ち、 ついで四国・九州・関東・奥州を平定して1590年天下を統一。 この間、1585年(天正一三年)に関白、翌年豊臣姓を賜って太政大臣となり、 91年関白を養子秀次に譲り太閤と称した。 太閤検地・刀狩りを実施、兵農の分離を徹底し、幕藩体制に至る基礎を築いた。 のち、明国征服を志して文禄・慶長の役で朝鮮に出兵、戦果があがらないまま、伏見
マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 真田幸村 Aタイプ
価格: 2,500円 レビュー評価: レビュー数:
真田幸村 1567?年〜1615年? 安土桃山時代から江戸時代前期の武将。生年は没年の49歳から逆算されたもので、月日は不明。 武田晴信の家臣であった真田幸隆の孫。 大坂の役で活躍。 特に大坂夏の陣では、寡兵を持って徳川本陣まで攻め込み、徳川家康を後一歩のところまで追いつめたとされる。 江戸期以降、講談や小説などで真田十勇士を従えて、 大敵徳川に挑む天才軍師真田 幸村(さなだ ゆきむら)として取り上げられ、広く一般に知られることになった。 島津忠恒の国許への書簡において 「真田日本一の兵 いにしえよりの物語もこれなき由」 サイズ:横幅17.5cm、奥行き9cm、高さ21cm セット内容:戦
マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 山本勘助 Aタイプ
価格: 2,500円 レビュー評価: レビュー数:
山本勘助 1493年?〜1561年? 戦国時代の武将。諱を晴幸、出家後道鬼斎を称したというが、信憑性はない。勘介とも書く。 武田二十四将の一人で、武田の五名臣の一人でもある。 武田信玄の伝説的軍師として講談などで有名である。 架空の人物ではないかとの説もあるが、武田信玄書状に「山本菅助」の名があることから、 最近では実在した人物であるとの説が支配的である。 近年の研究で、勘助は武田軍の伝令将校だったのではないかとする説もある。 生没年は、『甲陽軍鑑』によると1493年〜1561年という。 生年は明応9年(1500年)説、文亀元年1501年説がある。 没したのは1561年9月10日川中島の戦いで
マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 直江兼続 Aタイプ
価格: 2,500円 レビュー評価: レビュー数:
大河ドラマ「天地人」の主人公、直江兼続の武将フィギュアです。

直江兼続 1560年〜1620年
戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。上杉氏の家老。
父は長尾政景に仕えた樋口兼豊(木曽義仲の重臣樋口兼光の末裔という)、
母は信州泉氏の娘(直江景綱の妹説もある)。
仙桃院(謙信の実姉で上杉景勝の母)の推薦で、幼い頃から景勝に近侍していたといわれるが、
当時の様子が窺える良質な史料はなく、父・兼豊の身分についても見解が分かれている。
「藩翰譜」によれば兼豊は薪炭吏だったという。
主君である上杉景勝を上杉謙信死後から補佐し、
マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 前田利家 Aタイプ
価格: 1,650円 レビュー評価: レビュー数:
前田利家 1539年〜1599年 戦国時代、安土桃山時代の武将、大名。加賀藩主前田氏の祖。 尾張国海東郡荒子村において、 その地を支配していた土豪荒子前田家の当主である前田利昌の四男として生まれる。 幼名は犬千代。 14歳で織田信長に仕え、元服し前田又左衞門利家と名乗った。 青年時代は血気が盛んで槍の又左衞門、槍の又左などの異名をもって呼ばれ、 信長の親衛隊的存在である赤母衣衆となり、加増を受けて家臣を抱える。 父の利昌が死去し長男である兄・利久が家督を継いでいたが、 信長は永禄12年に利家に前田家の家督を継ぐように命じる。 利家は信長が推進する統一事業に従い、数々の参戦が確認されているが、
マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 上杉謙信 Aタイプ
価格: 2,500円 レビュー評価: レビュー数:
上杉謙信 1530年〜1578年 戦国時代の武将、越後の戦国大名である。元の名前は長尾景虎(ながおかげとら)。 正式な名のりは、長尾氏の時は平景虎(たいらのかげとら)、 上杉氏の時は藤原政虎(ふじわらのまさとら)、後に藤原輝虎(ふじわらのてるとら)。 越後国の守護代を務めた長尾氏に生まれ、上杉憲政から上杉姓と関東管領職を継ぎ、 周辺の武田信玄、北条氏康らと和戦を繰り広げた。 武田信玄と戦国の双璧をなし、自ら毘沙門天の転生であると信じ越後の虎とも越後の龍とも呼ばれる。 室町幕府最後の関東管領でもあった。 辞世の句 「四十九年 一睡夢 一期栄華 一盃酒」 サイズ:横幅17.5cm、奥行き9cm
最終更新日:2009年11月12日

Copyright (C) 2009 マイスタージャパンで戦国武将 All Rights Reserved.